エピソード2 「6月・ガン宣告」

エピソード2 「6月・ガン宣告」

遡って6月。
定期健康診断の結果、要精密検査となった。
精密検査を受け、結果を聞きに行ったときのこと。
医師はレントゲンの写真を見ながら
「詳しく検査しないとはっきり言えませんが、
 ガンの可能性が高いですね。」と言った。
レントゲン写真を見ると丸い大きな白い影が映っていた。
これは間違いなくガンだと思った。
一瞬頭が空白になり、それからいろいろなことが頭をよぎる。
家族のこと。
学校のこと。
そして、死について。

家に帰ってレントゲンの結果を妻に伝える。
妻はかなりショックを受けたようだった。
もちろん自分もショックだったが、実感がわかなかった。
それでも「死ぬかも知れない」という思いが頭をかすめた。
入院する前に「身辺整理をしなくては」という思いが先にあった。
そして、不要物の処分を始めた。
趣味のカメラの高級レンズ2本も処分した。
その様子を見ていた妻は、
「何もそんなことしなくても大丈夫よ。」
と努めて明るく言った。
「今は医学が進歩しているからガンは治るんだってよ。」
私を励ますと同時に自分を励ましてもいるのだろう。
そう思うと、自分が死ぬかも知れないという思いよりも、
家族のことが心配になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

GEM
2006年11月19日 23:40
こんばんは
改めてこちらへ 自分は肺がんでした。腫瘍が動脈に密着していて なおかつ5センチもあったので 手術が不可能だと云われました。抗がん剤の使用のみです 幸い2クールの使用でがんも縮小して手術が出来る様になりました。なにくそ 家族を残してと逝けないという必死の覚悟でした。それに 病気には絶対に負けないと云う信念、これも良かったと思います。今後も多少の気持ちの落ち込みもあるでしょうが たくさんの方が元気で頑張っていらっしゃることを 励みにお互い 頑張りましょう。
コラン
2006年11月19日 23:46
GEMさんも肺ガンでしたか。EOS板ではとてもそう思えないほど積極的な生き方に驚きました。
私は3月まで学校を休職することになりました。あわてずに治療に専念していきます。その間にリハビリをかねて写真でも撮れたらいいなあと思っています。

この記事へのトラックバック