エピソード12「子ども達へのメッセージ」

エピソード12「子ども達へのメッセージ」
3月末まで休職することになった。これで現在校に再び勤務することはなくなった。
年度途中での子ども達との別れはとても残念だ。

「子ども達へのメッセージ」

皆さん、元気にしていますか?
私は病気になってしまったので、皆さんに会えないのがとても寂しいです。

1年生の皆さんには入学式で「やさしい種」と「がんばる種」と2つの種をあげましたね。今頃はたくさん芽が出ていることでしょう。

2年生以上の皆さんには、始業式で「学び合う姿」と「助け合う姿」が見たいと言いましたね。1学期の途中までしか学校にいませんでしたが、皆さんの学び合う姿や助け合う姿はしっかりと見ました。

今は、皆さんのがんばる姿を見たくても見られないのがとても残念です。でも夢の中で5年生と一緒に林間学校に行ったり、6年生とは修学旅行に行きました。休み時間には校庭で一緒に遊んだ夢も見ました。目が覚めると、夢でなければいいなあといつも思います。

それから、6年生はこれから市内音楽会があるので、みんなで力を合わせて作り上げてください。

皆さん、私も病気に負けないようにがんばりますので、皆さんも友達に優しく、そして、お互いに高め合うことができるようがんばってください。

平成18年10月

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

GEM
2006年11月22日 23:30
病気の為とは云えさぞ断腸の思いの事とお気持ちお察し致します.まだまだ 師弟がこういう絆を持って結ばれているのを知り嬉しくなります。以前は 何故我慢できないの?って聞かれたら 必死にそのときの状況を説明し訴えて謝罪したものですが 今は切れたから で済まされています。うざい、きしょいとか人格まで無視するような言葉が飛び交う今の子供社会 早く何とかして欲しい。自分達も若者のわがままに 無抵抗でいるのが情けなく 余計に助長さす事が悔しい。失礼しました。
 
コラン
2006年11月23日 00:00
GEMさん、コメントありがとうございます。GEMさんの言わんとしていることはもっともだと思います。
今でもしっかりした考えを持って家庭教育をしている人もいるかと思えば、親が子供をかばって子供の成長を阻害しているのではないかと思えるようなこともあったり、釣りが禁止されている池で親子で釣っているのを見るとがっかりします。
waji
2006年11月23日 01:12
私のブログにまで コメントをありがとうございます。
今日の子供達への手紙は ぜひ 我家の娘と読ませていただこうと思っています。
>皆さんも友達に優しく、そして、お互いに高め合う
とても、響いてきます。

コラン
2006年11月23日 11:41
wajiさん、訪問いただきありがとうございます。
この手紙は、全校朝会で子ども達へのメッセージとして読んでもらいました。本当は直接挨拶すればよいのですが、いろいろあって無理でした。
カプチ
2006年11月23日 13:05
お久しぶりです、先ほどは拙いBlogにご訪問戴き感謝です。
まずこちらを開いたときに言葉に詰まりました、ご病気が回復に向かわれますよう御祈念申し上げます。
仕事場はこの時期子供達が来るのですが、来られる子供達の変化よりも親御さん、そしておじいちゃんおばあちゃん達の子供に対する姿勢に愕然とします。
・・・何も怒らないんです・・・色んな方が見えられる所なのに騒いでも怒りませんし、注意さえもしません。
いつからこうなったのか、それは判りませんが家庭環境の中での躾が全く出来てないのが想像つきます。
こういう事実を目の当たりにすると、この先どうなるのかなって不安にさえなってしまいます(-_-;)
ちょうどそのような事がさっきもありましたのでこんな事、書いちゃいました申し訳ありませんm(_ _)m
コラン
2006年11月23日 17:21
カプチさん、わざわざ訪問ありがとうございます。
そして、カプチさんに祈念していただいたので元気100倍です。(^_^)
今の風潮、カプチさんのお仕事からもそのようにお感じになられますか?
親が自分の時間を持ちたいがために、夜遅くまで子供を放っておくのを見たことがあります。哀れで胸が痛みました。また子供を巡る様々なニュースを見るにつけ、この先思いやられます
2006年11月23日 20:48
ブログを最初の方から拝見させていただきました。
子どもたちとの強い絆、胸が熱くなります。3月末まで休職とのこと。4月からはお元気で職場復帰されるように祈っています。
先日、「見つめなおそう親と子の関係」という講演を聴いてきました。GEM
さん、カプチさんが指摘されている内容のことを、取り上げていました。
その時、私たちが、親が、また祖父母が生きてきた時代を振り返る年表をいただきました。
コラン
2006年11月23日 21:19
湖のほとりから・・・さん、コメントありがとうございます。
おっしゃるように、最近の親子の関係がとても気になります。
しかし、最近親子に焦点を当てた話題が聞かれるようになってきたことは、明るい希望でもあります。活発に話し合われることを望みたいですね。

この記事へのトラックバック