ジョウビタキ対メジロ

前回の続きで、ジョウビタキ対メジロのテリトリー争いの結果。
「 」の中に適当に会話を入れてみたら面白そう。
今回は劇場風に

ジョビ「おい、そこのメジロ」
メジロ「な~に?」
画像


ジョビ「この実は俺のだ。あっちに行け~。」
メジロ「そんなぁ~」
画像


ジョビ「まだいたのか。こら~」
メジロ「ひぇ~~」
画像


ジョビ「やれやれ、これでゆっくり食事ができる」
画像


一度は追われたものの、それでめげるようでは野生では生きていけない。
ジョウビタキを挑発するように、ジョウビタキの前を飛んでは遠ざかることを2羽で2回ほど繰り返した。
そして、ジョウビタキがいなくなると、メジロは今のうちにとばかりに飛んできた。
画像


今回は面白い光景が見られた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

にゅうぽ
2009年02月22日 01:33
面白い写真ですねぇ
やっぱり野生なんですね
野生は大変です(^。^;;
waji
2009年02月22日 07:21
仲良く列んで食べる事は無理かもしれないけど
ピラカンサの実 こんなにいっぱい有るんだから
分け合えて良かったね~ と声を掛けちゃいましたよ。
カプチ
2009年02月22日 09:27
あはは!うちの仕事場でも
こういうの見かけます!
でもヒヨドリとツグミが
圧倒的に多くて絵にならない^^;
getten
2009年02月22日 10:25
おはようございます
3枚目のメジロが逃げる姿には笑ってしまいました。
目の白黒がピッタリ似合ってますね~(^^;
やはり大きさでは敵わないのでしょうか。
2009年02月22日 11:05
おはようございます、コラン先生。
実際、鳥達にとっては
テリトリーは死活問題なんでしょうが
ホント、そんな会話がなされてるようで
楽しくもありです^^; 
光を上手く取り込み、シャープさも重なりと
コラン先生の、お写真はやっぱ凄いと思います。
寅吉
2009年02月22日 17:17
こんにちは~。
会話を楽しく読ませて頂きましたぁ~。
きっと文面どおりの会話だったと推察されます。
メジロ<ルリビタキ<ジョウビタキ<モズ
小型の鳥ではこんな順番かな?
昨年カラスとノスリのバトルを見ていたのですが、複数攻撃でカラスの勝ちでした。
飛び物のオンパレード見事でございます。
2009年02月22日 17:29
今日は。
何時も素晴しい写真に見とれています。
今日・・・あまり素晴しいので思いました。
この写真で紙芝居を作って、緩和病棟の方に見ていただきたいなあ・・・なんてつい思ってしまいました。
紙芝居の文章だって書いていただいているんですもの!
鈴生りのビラカンサの実がこのようにして
ドラマがあって無くなるのですね。
ビラカンサも来年の実の準備の花に専念ですね!
コラン
2009年02月22日 18:05
にゅうぽさん
じっと観察していると面白いですよ。
ヒヨドリとツグミも追いかけっこしていました。
食べ物を得るのは大変なんですね。
いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月22日 18:33
wajiさん
>分け合えて・・・本当にそうですね。
実の半分以上はヒヨドリが食べてしまいました。
梅が咲けば、今度はヒヨドリとメジロが取り合います。ヒヨドリのほうが強いですけどね。
いつもコメントありがとうございます。
pm-3
2009年02月22日 18:37
こんばんは~。
素晴らしいお写真とキャプションの面白さに感激しております。(笑)
特に3枚目が最高ですね^^
メジロくん、がんばれ~♪
コラン
2009年02月22日 18:46
カプチさん
そちらもですか。
何処でも同じような争いがあるんですね。
こちらでもツグミとヒヨドリの争いを見ました。
ヒヨドリが多そうですね。
いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月22日 18:54
gettenさん
驚いたようで、メジロの格好が面白いですよね。
大きさでは若干ジョウビタキのほうが大きいです。鳥の持つ性格の強さも関係あるのでしょうね。
いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月22日 19:00
poomさん
鳥もよく見ていると面白いですよ。
メジロなどは一回ついばむ度に周りをキョロキョロみています。警戒でもしているのでしょうね。
ぼけた写真も数多く、残すのはかなり減ってしまいますよ。いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月22日 20:07
寅吉さん
メジロ<ルリビタキ<ジョウビタキ<モズ・・・
そうですね。ルリビタキよりはジョウビタキでしょうね。それにモズがいるとジョウビタキは出てきませんからね。
>カラスの勝ち・・・
こちらでもカラスが猛禽類を追い払う所を見たことがあります。カラスは強いですね。
コラン
2009年02月22日 20:37
やろいさん
紙芝居にこれが使えますか?鳥にも意外と小さなドラマが生まれていることが分かりました。
ピラカンサもこうして食べられることで種を遠くに運ばれて増えることができるんですね。
いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月22日 20:47
pm-3さん
笑ってもらえて良かったです。
小さな鳥にも小さなドラマがありますね。
見ているときは分かりませんでしたが、こうして写真に撮るとよく分かりますね。
いつもコメントありがとうございます。
トリアーノ
2009年02月22日 22:54
こんばんは^^;
あはは、ナイス、ナイス~♪この台詞、お写真の動きとぴったりっすね、ジョビさんもメジロさんも座布団持ってきてくれそうです^^;
MacもG3
2009年02月22日 23:39
素晴らしいシーンをさりげなく撮られてますね。こんなの滅多に撮れませんよ。
背景が暗いのもドラマチックさを演出していますね。
コラン
2009年02月23日 00:12
トリアーノさん
おぉ!
今回も座布団がもらえそうです。(笑)
今回はちょっと遊んでみました。
いつもコメントありがとうございます。
kawazukiyoshi
2009年02月23日 00:27
目白もジョウビタキも生存競争ですから
大変ですね。
でも広げた羽のなんと綺麗なことか。
いいチャンスで写されましたねー。
日本の将来をきちんと見る目を持った政治家が出てきてほしいですね。
今日もスマイル
コラン
2009年02月23日 01:00
MacもG3さん
今回は面白いものが撮れました。
背景は我が家の斜め後ろの家の生け垣です。
日陰で暗くなりました。
MacもG3さんは例の公園ですね。
もう一度行きたいです。日曜日は混んだみたいですね。いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月23日 01:19
kawazukiyoshiさん
鳥はその環境で精一杯生きていますね。
そこにはなんの打算もありません。
政治家と言えば、田中正造のような人々の為に生きた政治家は今は皆無ですね。寂しいことです。
いつもスマイルありがとうございます。
梓の小鳥
2009年02月23日 07:28
今日は!  日曜は日暮れ時のバージニアです。

野鳥たち、 本当に会話してる様なんですよね。
縄張りとかあるんじゃないか、 って思うことも。 (笑)

威張った鳥、 臆病な鳥、 色々ですね、 鳥の世界も ♪
2009年02月23日 11:43
前回に引き続いて ジョビちゃんの羽の素晴らしさに魅せられていましたら 逃げ出すメジロの羽や脚そして目がいかにも大あわて…楽しく美しいショットです。
追っ払っている方のジョビちゃんの姿は絶対に「コラ!!」って言いましたね、あれは。。。(笑)
2009年02月23日 12:04
こんにちは。
父へのお悔やみを有難うございました。
無事 葬儀・告別式を済ますことが出来ました。
暫くお休みを頂いておりましたが そろそろ復帰しようと思います。
これからも宜しくお願いします。

ジョウビタキとメジロの会話が面白かったです。
実際にもこのような会話をしているのでしょうね。
でも強く逞しく生きていって欲しいです(*^-^)♪
kojiro
2009年02月23日 14:26
小鳥達も皆必死ですね。
3枚目のメジロが表情豊かですね。
2009年02月23日 17:25
コランさん、こんにちは
画像と会話が、ぴったり合ってて
楽しく、拝見させていただきました。
また、飛んでいるときの羽の広がり
上手く撮られていて、さすがですね。
素晴らしいです。
コラン
2009年02月23日 19:53
梓の小鳥さん
こうしてみると、ただ、追い払うような仕草をしているだけかも知れませんが、やっぱり会話しているように感じますよね。
一心に食べる鳥もいますが、多くの鳥は餌を食べるときは、周りを気にしながら食べていますね。
いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月23日 20:47
湖のほとりからさん
小鳥の間にも小さなドラマがあるように見えました。
いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月23日 20:51
Topiさん
こうしてみると、鳥の世界も面白いですよね。
目ではよく分かりませんでしたが、写真で見るとこんなに面白い姿でした。
いつもコメントありがとうございます。
2009年02月23日 21:09
マリーさん
>後悔するような生き方だけはしないように・・・
素晴らしい生き方ですね。励まされます。
写真の小鳥を見ていたら、こんな会話かも知れないなぁと思って書きました。
いつもコメントありがとうございます。
2009年02月23日 21:14
kojiroさん
2枚目と3枚目の間にもう一枚、メジロがいったん枝の端に止まっていました。それを見たジョウビタキが威嚇したときの3枚目です。いつもコメントありがとうございます。
コラン
2009年02月23日 21:17
kirariさん
画像を見て、こんな会話をしていたら面白いだろうなぁと思って、会話をつけてみました。
本当に鳥の羽目は広げると綺麗ですよね。
カメラの連写機能のお陰です。
いつもコメントありがとうございます。
toko
2009年02月23日 22:18
こんばんは~♪
思わずメジロくん負けるな!!
応援してしまいました^^
そのドラマをより見事なお写真で切り取っておられる
素晴らしいです。
また見せてくださいね^^
GEM
2009年02月23日 22:41
こんばんは
前回の続き気になっていて楽しみながら 尚且つ微笑ましく感じながら拝見出来ました。順光で背景も程よく落ちてまさに この可愛いテリトリー合戦の争いのストーリー素晴らしい構成になっていますね。
コラン
2009年02月23日 23:05
tokoさん
メジロも頑張っていましたよ。
ジョウビがいなくなると、今度はヒヨドリと揉めるんでしょうか?最もその頃になると餌が豊富になってくるんでしょうけどね。
いつもコメントありがとうございます。
2009年02月23日 23:10
GEMさん
ネタが少ないので、2回に分けて載せました。
今のうちに少し撮りためておかないと、余裕が無くなりますので。一応ストーリーらしくしてみました。
いつもコメントありがとうございます。
palms
2009年02月24日 21:29
お久しぶりです!
ボチボチ復活できそうな感じです♪
ジョウビタキとメジロの争い・・良いシーンですねー!!
こちらでも小競り合いを見かけますが、大抵はヒヨドリがやかましく鳴きながらメジロやジョウビタキを蹴散らすって感じなので絵にならないです(爆)
2009年02月24日 22:13
こんばんは~ジョウビタキとメジロのた高いというか餌場の取り合いですね
じっと観察していると面白いですね
綺麗な画像の中で鳥達も映えていますね
コラン
2009年02月24日 23:07
palmsさん
本当に久しぶりですね。
お仕事などは一息つきましたか。
ヒヨドリ・・・そうなんですよね。
こちらでもよく邪魔をしに来ます。
また飛び物が見られそうです。
コメントありがとうございました。
コラン
2009年02月24日 23:09
おととさん
鳥の世界も強いものと追われるものと・・・。
それでも隙を突いて上手くやっていますね。
見ていると結構面白いですよ。
コメントありがとうございました。
2009年02月25日 08:46
おはようございます。
ばっちり撮れていますね。
可愛い鳥さんたちですが、生きるのに必死なのでしょうね。
2009年02月25日 19:47
こんばんは。
見事にジョウビタキとメジロの鳥達が暖かい春なので遊んでいるのでしょうかあー。
とても両方が羽ばたいている写真を見事に撮れていますねえー。私も羽ばたいている鳥を撮ってみたいですよ。。。
engel
2009年02月25日 21:55
こんばんわ。
ショウビタキとメジロの縄張り争そい、面白い見ものを撮られましたね。
こちらではヒヨドリとメジロが桜の花の蜜を吸いにきています、もちろんメジロ君はヒヨドリの相手ではなくヒヨドリのいるところメジロ君の影もみえません。。
シンシア
2009年02月25日 22:18
こんにちわ~ 忙しくてご無沙汰しちゃい
ました・・・・・。

生きて行くって大変なのでしょうね、常に
死の恐怖と戦いながら子孫を残さないと
いけないのですものね、厳しさを考えさせて
頂く素敵なお写真です~

コラン
2009年02月25日 23:03
sj45aさん
鳥は、それぞれが生きるために、ただそのために必死でしょうね。そこが良いです。
コメントありがとうございます。
コラン
2009年02月25日 23:06
Tomoさん
同種なら遊びもあるでしょうが、異種だと生存競争になるでしょうね。もちろん、同種でもグループが違う場合は競争になるかも知れませんね。
コメントありがとうございます。
コラン
2009年02月25日 23:08
engelさん
ヒヨドリとメジロ・・・こちらでも見ます。
やっぱり大きな鳥には敵いませんね。
ヒヨドリは餌を見つけると、大きな声で鳴いて仲間を呼ぶ所を見ました。
コメントありがとうございます。
コラン
2009年02月25日 23:11
シンシアさん
野生の生き物はいつも生存競争に晒されていますね。自分の仲間でないものには容赦ないですね。それが同じ種であっても追い払ったりしていました。
コメントありがとうございます。
2009年02月26日 17:25
いや~っ、ナイスショットですね~。
光の当たり具合も素晴らしいです。
2009年02月26日 20:28
ドラマでした~~!メジロの顔がリアルすぎて思わず笑ってしまいました。。でも写真が素晴らしいので見入ってしまいましたよ。。
この時期 鳥の世界も過酷な餌の奪い合いですね
メジロも必死。。フェイントをかまし上手いもんですね。。みていて飽きないです
コラン
2009年02月26日 23:00
fujioさん
奥が日陰で、手前に日が当たっていたのでこのようになりました。
コメントありがとうございます。
コラン
2009年02月26日 23:06
コケコさん
笑っていただけて嬉しいです。
冬は餌が空くなる時期ですからね。春から秋にかけては山に食料となるものがありますので山にいますが、冬になるとだんだん少なくなるために、食料を求めて人里に降りてきますね。だから彼らも必死なんでしょうね。コメントありがとうございます。
ちょごり
2009年03月01日 09:39
おはようございます。
野鳥のさえずりが言葉になって・・・
面白いですね、そうですね、鳥の姿が美しいのも自分の子孫を残す為の物!
命ある物はすべてが頑張ってるんですよね!!!

いつもありがとうございます。
2009年03月01日 17:48
ジョウビタキがピラカンサノの実をついばんでいる記事が二つあったのですね。
ついつい同じものかと思って、中身を見落としていましたね。
ジョウビタキってなかなか戦闘的なのですね。
メジロなどが桜の蜜を吸っているときなど、他の鳥の一緒に見かけますのにね。
体調の具合はいかがですか?
風邪を移されて今すんか?
花粉症が盛んになっていますがお大事にしてくださいね。
コラン
2009年03月01日 23:15
ちょごりさん
野鳥も生きるため必死ですね。
そこには打算も何もない、ただ必死に生きている姿です。どんなに意地悪に見えようとも、必死に生きる姿なのですね。
コメントありがとうございます。
コラン
2009年03月03日 01:26
Tatehikoさん
前回の続きものですので、同じような写真ばかりになってしまいました。
ジョウビタキは縄張りを持っているので、他の小鳥が入ってくると追い出しますね。メジロなどはよく集団で移動しながら蜜を吸っていますが、縄張りや仲間意識はどうなんでしょうね。
連れ合いが風邪をひいていたのですが、今は治りました。コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック